top of page

鎮痛剤や抗炎症剤は一時避難

慢性的に腰痛や神経痛やリウマチで悩む方は少なくありませんが、その多くの方が鎮痛剤や抗炎症剤などで痛みをしのいでいます。


痛みをコントロールする為に病院の薬は有用であると思いますが痛みや炎症を抑えるだけで痛みを引き起こす原因はそのままの状態です。


痛む根本的な原因を考えずに治療を続けていても中々上手くいかないのはそのためです。


また鎮痛剤は胃腸障害や貧血、抗炎症剤は浮腫や胃腸障害などをまねくこともあります。



放っておいても、腰痛・神経痛・リウマチは治りません。



漢方もすぐに効果が見込めるわけでありません。


既に鎮痛剤や抗炎症剤を使用している方は、漢方を併用する方法があります。


漢方で痛みを出さない身体作りをするにつれて鎮痛剤や抗炎症剤の量を減らしていく。


西洋医学と東洋医学の両輪でいいとこ取りをするのが良いと思います。


痛みを出さない身体作りをすることが大切です。







当店は完全予約制となっております。

カウンセリングと説明をさせていただきますので、まずはお電話でご予約をお願いいたします。







最新記事

すべて表示

関節リウマチとは

関節リウマチは、関節の腫脹、疼痛、変形などの症状を伴って慢性に経過する多発性関節炎です。 四肢の関節には滑膜の炎症、肉芽性増殖がおこり、関節の腫脹、疼痛、運動制限などが現れ、病変が進行すると関節の拘縮、変形、強直などの症状が見られます。 関節リウマチの原因 関節リウマチは体の中の免疫という仕組みがおかしくなって起こります。 免疫とは、病気にならない、なりにくい、病気から速やかに回復する、病気の進行

ひざ痛とは

今まで気にならなかったのに、気がついたら膝が痛い。 しかも痛みがひどくなっているような気がする…。 曲げると痛い。 “膝の痛みなんか大したことない”と言って放っておくと、だんだんと痛みが強くなり歩くのに支障が出てきてしまうことも。 そうなる前の早めの対処が大切です。 ひざの構造は複雑! 膝はカラダ全体を支え、さまざまな姿勢や動作に関わっていて複雑な仕組みを持つ関節です。 関節とは骨と骨が連結してい

腰痛とは

腰に違和感がある。腰が痛い。 でも、腰痛が起きる原因もよくわからないし、何をやってもよくならないのであきらめているという方、結構多いと思います。 厚生労働省によると、一般的に腰痛の約85%はX線検査をしても原因が特定できないとの報告があります。漢方では、腰痛は五臓の「腎」と関係が深いと考え、腎は人体の生命活動に必要なものだと考えています。 (参照:厚生労働省) 腰痛の原因 1:筋肉疲労 引越しなど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page