時代に合わせて変化する、「駆け込み寺」を目指して